一般歯科・小児歯科・インプラント・口腔外科・矯正歯科
 
 
 ■診療科目
 一般歯科
 小児歯科
 歯周病・予防歯科
 口腔外科
 インプラント
 ノンクラスプデンチャー
 矯正歯科
 ホワイトニング
 静脈内鎮静法・笑気鎮静法
 
 
インプラントとは人工の歯根の事で、失われた歯の場所に歯根の変わりになる人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるのです。
インプラントは第二の永久歯と言われるほど、機能的にも見た目にも天然の歯に最も近く、インプラント治療を受けるかたが急速に増えています。
インプラント材には、骨との親和性の良いチタン合金などが使われています。

歯の最も重要な役割は言うまでもなく噛むことです。しかし、これ以上に歯には顔の表情を決定するという重要な役割もあることを忘れてはなりません。顔貌、表情、喜びの表現、自然な笑いに歯は大切な役割を果たしています。
歯は会話を交すためにも、美しい表情にも不可欠な要素です。歯はその人のライフスタイルやライフクオリティーに大きく影響しているのです。
私達は歳を重ねるにつれ、虫歯や歯肉の病気、あるいは事故などで歯を失うトラブルに見舞われることがあります。奥歯を数本失うより、前歯を1本失うほうが心理的につらいかもしれません。たった1本の歯を失うことで、歯の機能と審美性が崩れ、食事の時や外見上で不都合を感じるようになってしまいます。歯を失うということは歯冠だけでなく噛む力を支える歯根までもを失ってしまっているのです。
歯が1本抜けた場合
↓従来の治療法↓    
  周りの健康な歯を削ってブリッジにします。
     
↓インプラント↓    
  健康な歯をまったく削ることなく、歯の無い部分にインプラントを入れます。

「失われた1本の歯根の代用品」としてインプラントを1本だけ使って失った歯の部分を修復する方法は、最も洗練された治療方法であり、審美的にも満足のいく結果が得られます。1本のインプラントによってあたかも自分の天然歯のように自然に感じられます。
顎骨の萎縮の心配もなく、本来の骨量を維持できます。ブリッジを入れる時のように健康な隣の歯を削る必要がありません。

 
数本の歯を失った場合
↓従来の治療法↓    
  入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快です。
     
↓インプラント↓    
  歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます。

この場合もインプラントが理想的な解決法となります。数本のインプラントを歯の無い部分に入れ、これを土台としてヘッド部にブリッジをかぶせます。

 
歯のない部分が広い場合・全部抜けた場合
↓従来の治療法↓    
  入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。
     
↓インプラント↓    
  数本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

・歯のない部分が広い場合
臼歯が失われた場合、従来は取り外し式の部分入れ歯で咬合機能を回復させてきました。これに対し、インプラントなら天然歯と同様の感覚の「固定式」人工歯を入れることができます。

・歯がまったくない場合
下顎の歯が1本も無い場合の修にはインプラントがよく利用されます。インプラントのヘッド部をバー状の維持装置で連結し、その上に取り外し式の入れ歯をしっかりと固定することができます。

 
 
1.毎日の念入りな歯みがき
最も重要なホームケアが歯みがきです。「食べたらすぐにみがく」を心がけ、指導された正しいブラッシングを行いましょう。
 
2.歯医者さんでの定期健診
当り前のことですが、インプラントには神経がありません。
ですから、感染が起こっても自覚がありません。グラグラ動いてきたり、膿が出てはじめて気が付くのですが、こうなってからでは手遅れです。
治療終了後は必ず定期的に健診を受けましょう。
検診では、インプラントの状態、歯肉の状態、かみ合わせのバランスのチェックなどと専門家(歯科衛生士)による歯のお手入れを行います。
>>こちらをご覧ください
 
※straumann「インプラント治療について」パンフレットより抜粋
 
 
 
│ ホーム │ ACCESS │ 診察時間 │ お問い合わせ │ 個人情報の保護 │
Copyright(C)2008 医療法人平良歯科医院 All rights reserved