一般歯科・小児歯科・インプラント・口腔外科・矯正歯科
 
 
 ■診療科目
 一般歯科
 小児歯科
 歯周病・予防歯科
 口腔外科
 インプラント
 ノンクラスプデンチャー
 矯正歯科
 ホワイトニング
 静脈内鎮静法・笑気鎮静法
 
 
健康な歯は、大切なお子さんの財産です。お子さんが自分の力で、自分の歯を守れるようになるまで、この財産を大切に守り育てていく事は、お母さんの重要な仕事です。

小児歯科では、お子さんの虫歯を治療するだけではなく、お子さんの健やかな成長を、歯科医の立場から支援していきます。虫歯が1本もない時から受診をはじめ、「お母さんといっしょになって、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたい」 と考えております。

 
歯医者に行ったことのないお子様でも、両親やお友達からの言葉、テレビや漫画等の情報から「歯医者は怖いところ」という先入観を持っています。そういったイメージが植えつけられてしまうと、ただ歯医者に来ただけでも泣いてしまい、治療を行なうことができず、歯がボロボロになってしまいます。
虫歯は放っておいても自然に治ることはありませんので、早めに治療しなければならないのですが、無理矢理押さえつけながら治療してしまっては、実体験として痛い思いをしたということで完全に歯医者嫌いになってしまいます。
始めのうちは、歯医者に来て歯ブラシをして帰るだけでも構いません。虫歯が進行しないようにフッ素を塗りながら歯医者は怖い所じゃないとわかってもらうことが大切です。
当医院には3ヶ月から6ヶ月おきに歯ブラシ指導とフッ素塗布で来院するお子様が多数いらっしゃいます。歯で将来悩まないためにも定期的な検診と予防処置をおすすめしています。
 
歯を削られることが怖くないという人はいません。キーンという音は誰でも嫌なものです。
特にお子様は、何をされるかわからないために、余計に恐怖心を抱いてしまいます。
現在の歯科治療は、極力歯を削らない治療を行なおうという流れがあります。
 
当医院では、お子様の歯を守るために、毎回フッ素塗布を無料で行なっております。(但し、検診・治療にかかる通常の保険負担金はかかります。)虫歯予防の効果が持続するよう、30分は飲食しないでください。

奥歯が生えてきた1歳6ヶ月頃になると、早いお子さんではむし歯になっていることもあります。この頃から、自宅ケアと合わせて、歯科医院で定期的(3〜6ヶ月)に検診し、歯の生えそろう13〜14歳ころまで濃度の高いフッ素を塗って予防していきましょう。

当医院では、新製品のフルオール・ゼリー(ビーブランド)を使用しています。以前のフッ素塗布剤の酸味が少なく、さわやかな青リンゴの香りがするため、不快感がありません。

 
 
 
│ ホーム │ ACCESS │ 診察時間 │ お問い合わせ │ 個人情報の保護 │
Copyright(C)2008 医療法人平良歯科医院 All rights reserved